スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

活丼を喰らう*かつ丼 吉兵衛 東梅田店╱梅田

吉兵衛1

大阪で夕食に向かったのは、ホテルのすぐ近くにあったかつ丼屋さん『吉兵衛』さんです。
本当は最初から飲みに出かけようかな!?とも思っていたのですが、どうしてもこの看板が目に入ってきたので・・・

後から調べてみるとこのお店はチェーン店みたいですね!?
神戸が本店みたいです。


tp://blog-imgs-69.fc2.com/s/h/i/shizennjinn/IMG_8891_20140701215137155.jpg" target="_blank">吉兵衛2

まずはお店の場所ですが、地下鉄谷町線の東梅田駅と中崎町駅の中間くらいにあります。

店内に入るとまずは食券を購入します。
決断力のない私にはちょっと厳しいですね!!

吉兵衛3

店内に入るとお客さんの入りは5割くらいかな!?
結構遅い時間にお邪魔したのですが、人気があるのでしょうか・・・

入口側も、お客さんが帰られた瞬間に撮りました。

でも、テーブル側はお客さんで埋まっていたので撮ることは諦めメニューを眺めることに・・・

吉兵衛4

吉兵衛5

眺めているとこんな物を発見・・・

このお店では「かつ丼」を「活丼」と書くのでしょうか!?
確かに活力がもらえそうですね!!

吉兵衛6

そして今回注文した「韓辛味噌マヨかつ丼」680円です。
出てきた瞬間、『なんじゃこりゃ!!』って感じですが、とりあえず全体を眺め回してみます。

とにかくデブの友マヨネーズがこれでもかってかかってますね!!
そしてその下にはこちらのデブの友のカツ、そしてたっぷりのライス・・・
友達ばかりでまいりました(^_^;)

そしてこのマヨネーズとソースに玉子のコントラストがもうたまりません!!

吉兵衛7

吉兵衛8

カツもしっかりと写真に撮っておこうと思ったのですが、とにかくマヨネーズが多くてこんな感じ・・・(^_^;)

なんとかカツを持ち上げてお肉の厚みを撮ったのが下の写真・・・
わかっていただけますでしょうか!?

このお店はお肉の厚さはそんなに無いと思うのですが、衣がメッチャ厚いですね!!
でもこの油がまたいけちゃうんですよね・・・

またデブっちゃいそうです!!
と言いながら結構デブってますが・・・
8月の健康診断が楽しみです(^_^;)

吉兵衛10

玉子の黄身を崩してまぜまぜしたところが下の写真・・・
メッチャ美味そうでしょ!!

そうそう韓辛と表示されていたのですが、私にはそんなに辛くなかったような・・・
でも、ピリ辛のかつ丼って初めて食べましたがこれまたいけますね!!
これからも少し変わったかつ丼食べてみたいです。

ごちそうさまでした。


ところで最近パソコンの調子が悪いのか!?ネットの調子が悪いのか!?はたまたFC2の調子が悪いのか急にBlogが動かなくなり投稿できなくなります・・・
と言う事で昨日も投稿できず困りました(>o<)

それからMacのMagic Trackpadを購入したのですが、これがまた優れもの!!
MacBookと同じ感覚で操作できるので非常に便利です。
また紹介出来れば紹介させていただきますね。

吉兵衛11

吉兵衛12


【かつ丼 吉兵衛】

住所 大阪府大阪市北区堂山町18-2 若杉東梅田ビル 1F
電話 06-6755-4323

営業時間 10:30~22:00
定休日 年中無休



より大きな地図で 自然人のBlog 食堂・レストラン を表示


皆様のクリックが励みになります。
よろしければポチッとお願いします。


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村


グルメ ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
Author by 自然人2 / 全記事一覧 / 前の記事 / 次の記事 / ページtop
Designed by マンゴスチンw /

コメント:投稿

  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 管理者にだけ表示

これはすごいビジュアルですねw
寝る前に小腹がすきそうです(^_^;)
カウンターの調味料セットってけっこう邪魔だったりしますが、この空間活用はナイスアイデアですね!!

おばちゃんさんへ

カウンターの調味料セットは意外と気になりませんでしたよ・・・
と言うかほとんど気がつきませんでした^_^;

それにしてもめっちゃ太りそうな丼でしょ!!
注文してから冷や汗が出てしまいました。

トラックバック:

http://shizennjinn.blog.fc2.com/tb.php/733-d4751d20
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。