スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

去りゆく旧鶴岡橋╱日高町

鶴岡橋1

先日紹介させていただいた新しい鶴岡橋の開通により、昭和12年に完成した鶴岡橋の歴史が閉じられることになりました。
この場所に初めて橋が出来たのが明治42年だそうで、昭和初期にはすぐ横を出石鉄道が走っていたりしてすごく賑わっていた場所みたいですね!?
その写真などは、但馬の近代化遺産のサイトで紹介されてますのでご覧下さい。

と言う事で、もうすぐ解体されてしまう旧鶴岡橋ですが、最後の勇姿をご覧下さい。


鶴岡橋2

新鶴岡橋の開通の日、最初に訪れた時間はお昼休み・・・
旧鶴岡橋はまだ通ることが出来ました。
これが旧鶴岡橋を渡ることが出来た最後になります。

渡りきって新鶴岡橋に到着すると、こちらはまだ通行止めになってました。

鶴岡橋3

そしてこの日は早退をさせていただき、4時頃に到着すると、旧鶴岡橋は通行止めになってました。
もうちょっと渡らせていただければ嬉しいのに・・・
と思いましたが、さすがにきっちりされてますね!!

旧鶴岡橋にはバリケードがはられ、多数の警備員の方が詰めていらっしゃいました。

鶴岡橋4

鶴岡橋5

警備員の方に了解をいただき、すぐ側まで行って写真を撮らせていただきました。
もうすぐ無くなる鶴岡橋、懐かしい方の沢山いらっしゃると思います。
ヘタな写真ですが、楽しんで下さいね。

鶴岡橋6

よ〜く見ていると、橋脚の上になにやら切り株みたいなものが乗ってます。
おそらく台風で円山川が氾濫したときにこの橋にひっかかった切り株でしょうね!?

鶴岡橋7

そして通行止めになった鶴岡橋です。
もう嬌名板も外されてました。

鶴岡橋8

鶴岡橋9

この機会ですので、これまで降りたことは無いのですが、河原に降りてみることにしました。
そして水面ギリギリから撮ったのがこの写真です。
本当に昔よき時代の情緒ある雰囲気を持つ橋ですね!!

もう少し近寄って、水面にも映る鶴岡橋を撮ってみました。

鶴岡橋10

そして橋脚のアップも・・・
お洒落な橋脚ですね!!

鶴岡橋11

鶴岡橋12

これまで長期間、私たちの足を守ってくれた鶴岡橋にありがとうと言いたいです。

最後に新旧の橋が1枚の写真に収まる場所を探して撮ってみました。

鶴岡橋13
関連記事
スポンサーサイト
Author by 自然人2 / 全記事一覧 / 前の記事 / 次の記事 / ページtop
Designed by マンゴスチンw /

コメント:投稿

  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 管理者にだけ表示

こんばんは。今日、早速新しい鶴岡橋を渡りました。
と同時に、少し寂しさも感じました。
自分も解体されるまでに、撮っておきたい、そう思い
ましたね。

旧橋が無くなると、出石鉄道の鉄橋跡が撮り難くなり
ますね。

kainakaさんへ

実はこの日出石鉄道の橋脚跡を撮ろうと思っていたのですが、水量が多かったのと、歩きでも橋の立ち入りを拒否されたので結局撮れませんでした(>o<)
kainakaさんが撮られる旧鶴岡橋を是非とも見たいのでよろしくお願いします。

橋に入口と出口があるというのははじめて知りました。
ひらがなと漢字はどういう意味なのかなとは思っていましたが・・・。


昨日投稿したのですが反映されてなかったようです~(^_^;)

おばちゃんさんへ

あれっ!?
コメント反映されていると思いますが、されていなかったら申し訳ございません\(__ )

疑問に思うことを調べてみると、色んな事がわかるので面白いですね!!
これからも疑問に思ったことはどんどん調べて投稿させていただきたいと思ってます。

初めまして

素敵な記事を読ませて頂きました。
私、奈良に住んでいますが、実家のある出石には、年に何度も帰省しているので、この鶴岡橋はとっても身近な橋なのです。
冬には、工事中の橋を横に見ながら、何度もこの橋を通って神鍋に行くのが、最近の生活の常になっていました。
今年の冬には、旧鶴岡橋を横に見ながら新しい橋を通るのかと思ったら、そうではないのですね。
この橋は壊されてしまうのですね。
なんとか残しておいてもらえないのでしょうか。
余部の鉄橋のように一脚だけと言わず、川の中の鳥の観察ポイントにでもさせてもらい所ですが。

おおむらさき57 さんへ

おおむらさき57 さんにとって懐かしく思っていただける橋を紹介できて私もうれしいです。
これからも但馬地区の懐かしい写真や、変化をしていく姿を紹介させていただきますね。

トラックバック:

http://shizennjinn.blog.fc2.com/tb.php/520-8c6f88be
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。