FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山ん中の食堂*お食事処 いろり╱香美町

いろり1

農作業に疲れて気分転換に軽トラでドライブをしているときに思いだしたのがこのお店、以前紹介させていただいたことがあるいろりさんです。
前回お邪魔したのは丁度1年前になるのですね!?
さて今回いただいたのは・・・



いろり2

お店の場所は、神鍋から村岡に下る峠の途中にあります。
上の写真を見ていただくと感じていただけると思いますが、すごい山のなかでしょ!?
今はこんな立派な道が通ってますが、ちょっと前まで細い山道が通っているだけだったと思います。

お店は下の写真のような感じ・・・
山小屋風の建物で矢田川フィッシングセンターを併設されてます。

いろり3

いろり5

店内は雑然とした感じで、奥に物置みたいになっているお座敷と、土間にテーブル席といろり席があります。

暗めの店内ですが、これがこの辺りの生活感を感じる事が出来て心地良いです。
ちなみに今回もこのいろり席で食事をとらせていただきました。

いろり4

いろり6

メニューはこちらですが、川魚と山菜がメインになるのかな!?
ちまたの食堂では見かけないようなメニューがあります。

いろり7

今回私が選んだメニューは「ぶっかけそば」800円です。
前回も同じ物を注文しましたが、メニューを見るとなぜ「ぶっかけそば」が800円もするの!?
と思いますが、出てきたお蕎麦を見ると納得です。
『これがぶっかけそば!?』って感じですね・・・

丼のお蕎麦の上にはあまごの天ぷらが2つに山菜の天ぷらも乗っててお蕎麦が見えません!!
量的にはちょっと物足りないかもしれませんが、結構満足感を感じます。

いろり8

方向を変えて撮ってみましたが、ちょっとピンボケしてしまいました・・・

いろり9

お蕎麦は業務用のお蕎麦になるのかな!?
本格的な手打ちのお蕎麦だとこの天ぷらがもっと美味しいでしょうね。

いろり10

いろり11

こちらが矢田川フィッシングセンターの様子です。
この日は結構なお客さんで賑わってました。

こちらにもお座敷があり、こちらは川床みたいになっていて、生け簀の上に床が作ってあります。
雰囲気は抜群ですね!!
ココで流しそうめんなどいただくと美味しいでしょうね!!

いろり12

いろり13

後は清流の感じですが、とっても気持ちよさそうでしょ!!
私も靴を脱いで川につかりたかったです・・・

家族連れの皆さんも、釣りを楽しんだり、つかみ取りをされたりして楽しんでいらっしゃいました。


今回もとっても空気の綺麗なところでお蕎麦をいただけて幸せでした。
ごちそうさまでした。

いろり14

いろり15

【お食事処 いろり(矢田川フィッシングセンター)】
住所 兵庫県美方郡香美町村岡区字中小屋
電話 0796-94-0652

営業時間 ???
定休日 ???



より大きな地図で 自然人のBlog 食堂・レストラン を表示
関連記事
スポンサーサイト
Author by 自然人2 / 全記事一覧 / 前の記事 / 次の記事 / ページtop
Designed by マンゴスチンw /

コメント:投稿

  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 管理者にだけ表示

こりゃ天そばですねw
店内、座敷が物置化しているところがなんとも良いですね。
そしてぶっかけそばの写真の隅に見えている灰皿!
昔ながらの懐かしい灰皿のデザインで、萌えましたww

自然人さんへ

農作業に疲れて気分転換にドライブですか?
もしかして、昼食抜きでした?
 
あ、いや、何って、時間的に夕食も近い時間だと思うので(店内の時計が狂っているってオチかも知れませんが)この時間ならコーヒー程度で良かったんじゃ…
…等と…余計なお世話ですね(-_-;)
 
 
コチラのお店、旅館か何かも併設されていますか?
箸袋に「渓流荘」と…
 
 
夏場は涼しそうで、意外な穴場かも知れませんね(^^)
川床ってのも涼しげで良い感じです(≧∇≦)

おばちゃんさんへ

でしょ!?
立派な天そばですよね・・・
というほどいい感じのぶっかけそばです。

ところで皆さんすごいところまで写真を見ていただけるのですね!!
とってる私も気が付かないところまで・・・
すごくうれしいです!!

中村主水さんへ

お昼をたくさん食べると午後の作業に差支えますので、お昼は控えて、作業終了後に食べたのでこんな時間になってしまいました。
量的には少なめですので、しっかりと夕食も食べましたが・・・
メタボまっしぐらですね!!

ところで時計については気が付いていたので、もしかしたらチェックが入るかな!?と思ってました(笑)


旅館についてはこの場所にはないと思います。
また確認できたら確認しますね。

いやいや、主水さんほどじゃないですよ(笑)
私も主水さんほどじゃないけどマニアックなところまで見てますが、『こんなこと書くと変かな?」と思ったりしたあとに主水さんにコメントされると悔しいですよw
いつもはほどほどにとセーブしてますwww

自然人さん&おばちゃんさんへ

自然人さんへ
さすがに、気が付かれていますよね(汗)
 
いつもいつも、変な事書いて申し訳ありません。
決して嫌がらせじゃないので…
 
実は、細かい所を探すのが密かな楽しみだったり…
なんて事はナイショです(^_^;)
 
 
おばちゃんさんへ
実は、僕も書くか書くまいか考えた挙句、ツッコミどころを見付けてしまった以上は書かずには居られないです…(汗)
 
嫌がらせか?
なんて思われないかと心配していますが、自然人さんとか、おばちゃんさんもご存知の惣兵衛さんとか、一緒に飲みに行ったりした際には細かいツッコミの話題が話のネタ、酒の肴になるので、やっぱり書いてしまいます(^_^;)

おばちゃんさんへ・中村主水さんへ

ツッコミ大歓迎です!!
と言うか、ここまで見ていただいているのかって思うとすごく嬉しくなります。
時々ファインダーを覗いていて、これ突っ込んでいただければ嬉しいな!?なんて思ったりしながら構成を考えたりしています。
たとえば今回の時計のように・・・

さすがに灰皿は気がつきませんでしたが・・・

これからも感性を磨きながら突っ込んでいただける写真を撮りたいですね!!

スイマセン、へんなコメントしちゃいましたね。
今回は灰皿にツボってしまいました。
主水さんがおっしゃる時計は気が付きませんでした!!

おばちゃんさんへ

いえいえ素晴らしいコメントありがとうございます!!
私は灰皿も気がつきませんでしたが、渓流荘の割り箸も気がつかなかったです。
私はたばこを吸いませんが、この灰皿はおやじが使用していたような気がします。
コメントの通り何か懐かしさを感じますね。

トラックバック:

http://shizennjinn.blog.fc2.com/tb.php/402-e85cfdf7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。