FC2ブログ

豊かな自然と昔ながらの茅葺き民家が多く残る町╱美山町

美山町1

先日、全国の珍しいインスタントラーメンを購入するために美山町へ行ったことは紹介させていただきましたが、このときに少し時間があったので、この地域に多数存在する茅葺き屋根の写真を撮ろうとウロウロしてみました。
本当は茅葺きの里に行こうとも思ったのですが、そこまで時間に余裕がなくあきらめて周りをうろつくことにしました。

ところが、この日デジイチを持ってくるのを忘れているのに気づき、仕方なくコンデジでの撮影になりました(涙)が、雰囲気は楽しんでいただけると思います。


1枚目の写真は、国指定重要文化財に指定されている日本最古の茅葺農民家『石田家住宅』の雪景色です。
ただ、今年は雪の量が少ないと言うことでちょっと残念な写真になってしまいました。
もうちょっと雪深いときにお邪魔したいですね。

美山町2

石田家住宅に歴史について、HPには次のように紹介されてます。


歴史(資料:「重要文化財 石田家住宅修理工事報告書」他)
  • 昭和42年の調査では、慶安5年(1652年)7月(祈祷札:管理者(滋賀県在住)が保管)の建立と考えられていたが、 解体工事中に、慶安3年(1650年)3月31日の墨書が発見された。
  • この建物は慶安3年以来、昭和42年まで解体されていないことが判明し、
  • 庄屋を含む農業を営む民家としては、日本最古のものである。
  • 北山型民家で、南は京都洛北、北は若狭湾まで分布し、石田家は北山型の最古の遺構とみられる。
  • 江戸時代の樫原は、園部藩の領地で、田地9.4町歩、高161石の小さな村で、上組、下組に分かれ「庄屋」がそれぞれいた。
  • 石田家は上組の一員で、先祖は庄屋を勤める家筋であった。
  • 庄屋の家柄であるとは言っても、石田家の所有地は、屋敷二ヶ所五畝一歩、田三反二畝十歩、畑一反一畝二十九歩、持高四石四斗九升の小農であった
  • 安永の末年頃からは「庄屋」は1名になり、庄屋の下には「年寄」、その下に「組頭」がいた。
  • 庄屋は代官から任命され、戸長制度が出きる明治5年まで続けられた。
  • 村の産業は、水田耕作、畑作、林業が中心であったが、宝暦頃から、たばこ栽培が行われていた。
  • 古文書によると、享保時代の中頃(1730年頃)、村には約40頭程度の牛がいたが、
  • 寛延時代(1750年頃)、牛も12頭に減り、そのうちの10頭が質入れされ、耕作にも支障を来たした。
  • 宝暦時代(1760年頃)から始められた煙草栽培は、この苦しみから脱するために始められ、時の石田源右ェ門も相当努力したものらしい。
  • 石田家には、系譜、由緒に類するものがないので不明であるが、年貢帳、口上書、証文等に見える記載からすると、
  • 江戸時代には「源右エ門―源吾―源蔵」と続いた。
  • 石田家の家格は、源右エ門のように長く庄屋を勤め、また明治18年の源吾が村総代を命じられたりしたことで判るように、村の枢要の地位にあった。



すごい歴史ある建物なんですね・・・

声を掛けてみたのですが、人気は感じるのですが返事がないので軒先をお邪魔してちょこっと奥まで入らせていただきました。

美山町3

近くに寄ってみると、とにかく重厚で迫力ある建物ですね!!
出来れば建物の中も見てみたかったのですがどなたもいらっしゃらなかったので残念です。
出来ればこの中でのんびりとお酒でも飲みたいですね。

美山町4

美山町5

車で走っているとこんな物を見つけました。
同じ茅葺き屋根ですが、これがユースホステルだそうです。
是非とも宿泊してみたいですね!!

美山町6

他にも朽ちかけたわらぶき屋根のお家が・・・
でも、家の周りの木が綺麗に切り取られ何か作業をされようとしてます。
もしかしたら復元工事をされるのでしょうか!?
復元工事には結構な費用がかかるらしいのですが、是非ともこの美しい風景を守っていただきたいですね。

ちなみにこの地域は、桜街道としても有名だそうですので、今度は桜が咲く頃にデジイチを忘れずに来てみたいと思ってます。
もちろん十分な時間を作って・・・

今からすごく楽しみです。

美山町7
関連記事
スポンサーサイト



コメント:投稿

  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 管理者にだけ表示

良いですね~素敵です。
でも住んで生活している人は「リフォームしたい~~」と思ってらっしゃるでしょうね・・・・・・・。

おばちゃんさんへ

おそらくこの建物には住んで生活はされてないと思います。
ですからこの建物は離れ!?別荘!?と言う刷毛ではないと思いますが、HPを読むとココでお酒を買わされることもあるそうでうらやましいです。
でも、管理費は大変みたいですが・・・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: いつまでも大切に!

コメントありがとうございます。
お互いこれからも素晴らしい年輪を重ねていきたいですね!!
春の美山も素晴らしいそうですのでいらして下さいね。

トラックバック:

http://shizennjinn.blog.fc2.com/tb.php/346-3b3c3392