FC2ブログ

神戸港の様子

神戸港1

久しぶりに所用で神戸に行き川重に寄ってみると、ほとんど車両が見当たらず・・・
と言うことで神戸港に行ってみました。

すると突然視界に飛び込んできたのがこの写真、すごく船が傾いて、この岸壁が立ち入り禁止になってます。
何かな!?と思い、家に帰って調べてみると・・・


神戸港2

この船は、カンボジアから来たCHUN XING号と言う船だそうで、火災を起こして傾いてしまったそうです。
これだけ傾いて帰れるのでしょうか!?

前からも撮ってみました。

神戸港3

神戸港4

対岸の川崎重工を見ると懐かしい物が見えました。
上の写真でなんだかわかりますか!?


DOCKの横になにやら黒い物体が・・・
そうです、潜水艦のシッポです。
久しぶりに近くで見ることが出来ました。

神戸港5

神戸港6

そして大きな船のすぐ後ろを見ると、海上自衛隊の艦船!?
405の文字が確認出来ます。

ポーアイから見ることにしました。
その様子が下の写真です。

神戸港7

ちょっと変わった形をしていたのでWikipediaで調べてみました。


この船は「ちよだ (潜水艦救難母艦)」だそうで、次のように紹介されてます。

海上自衛隊初の潜水艦救難母艦として計画される。「ASR-401 ちはや」の拡大改良型として設計され、うずしお型潜水艦の潜航深度に対応するために深海救難艇(DSRV)と深海潜水装置(DDS)を装備することとなった。艦の後部にはヘリコプター甲板を有する。
潜水艦救難艦のみならず、潜水母艦機能を付加されており、潜水艦1隻分80名分の宿泊施設、ミサイル、魚雷、糧食、真水の補給物資、潜水艦への給電と充電を可能とする。喫水線下にはサイドスラスターが艦首付近に設けられている。



と言うことです。

神戸港8

この写真は年末に撮影した物です。
川崎重工の岸壁に停泊していた海上保安庁の船です。
そろいボディーにブルーの文字とラインが格好いいですね!!

下の写真は、神戸大橋をバックに撮ってみました。

神戸港9
関連記事
スポンサーサイト



コメント:投稿

  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 管理者にだけ表示

自然人さんへ

珍しい写真ですね~(^^)
 
 
珍しいというか、日本でも数少ない種類の船ですし、定係港は確か横須賀ですので、この辺りじゃ滅多に見られないかと思います。
積んでいるDSRVは川崎重工製だったと思うので、その関係で来たんでしょうね。
 
サイドスラスターは、この種の船の場合には、救助の際に海上の一点に留まらないといけないので、前後左右に自由に動けないといけませんからね。
 
 
海上保安庁の船って、機関法しか搭載していないんですよね。
近年は某国の領海侵犯等で海上保安庁が活動しているニュースを耳にする事も多いですが、搭載する武器が貧相なんで…(゚Д゚;)
まぁ、最近は自衛隊と共に活動しているので問題ないのかも知れませんが、、、

自然人さんへ

書いた記事を見なおしたら、誤字がありました。

機関法 → 機関砲
です。

ついでにこの巡視船の事を…
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%97%E3%81%8D%E3%81%97%E3%81%BE

です。

書き忘れましたが、この巡視船も日本に数少ない船の一つです。

中村主水さんへ

さすが詳しいですね!!
この巡視船が、神戸ではそんなに珍しいなんて知りませんでした。

書かれている通り最近は隣国とのトラブルも多く、この巡視船は休む間もなく動いているのでしょうね!?

舞鶴にもたくさんの護衛艦が来てましたが、日本海の警戒は大変な事になっていると思います。
この巡視船も今はどのあたりで活躍しているのかな!?

トラックバック:

http://shizennjinn.blog.fc2.com/tb.php/336-d88f30c8