FC2ブログ

舞鶴に停泊中の護衛艦

舞鶴1

先日舞鶴方面へドライブに行くと、たくさんの護衛艦を見ることが出来ました。
今は北朝鮮や中国との事があるので特別な配備がされているのでしょうか!?

隊員の慌ただしい動きがありましたのでもうすぐ出港!?もしくはもう出港してしまっているのかな!?


舞鶴2

上の写真は新日本海フェリーの前島埠頭から撮った写真ですが、この日は悪天候で風雨のためレンズに水滴がついてしまいました。

ところで先頭に停泊してるのが護衛艦の『いせ』です。
詳しくないので何時ものWikipediaで調べてみると次のように紹介されてます。

「いせ」は、中期防衛力整備計画に基づく平成18年度計画13,500トン型ヘリコプター搭載護衛艦2320号艦として、アイ・エイチ・アイ マリンユナイテッド横浜工場で2008年(平成20年)5月30日に起工し、2009年8月21日にアイ・エイチ・アイ マリンユナイテッド横浜工場で挙行された進水・命名式において、防衛大臣政務官岸信夫により「いせ」と命名された。艦番号は当初DDH-146、建造番号2406号が与えられていたが、艦番号DDH-182、建造番号も2320号に変更されている。
2011年(平成23年)3月16日に就役した。第4護衛隊群第4護衛隊に所属しており、護衛隊旗艦である。定係港は呉である。当面、呉基地を拠点として乗員らによる慣熟訓練等が鋭意実施されてゆく。なお、艦名板は伊勢神宮大宮司:鷹司尚武の揮毫によるもので、材木は宇治橋に使用されていた欅である。

とのことです。
とにかくバカでかくて、大きさは、全長が197mで全幅33mと非常に大きく最大で11機ものヘリコプターを搭載するそうです。
乗員は340〜360名くらいだそうですよ!!

舞鶴4

舞鶴6

その後ろに控えるのが護衛艦『しらね』です。
そして『しらね』の戦歴です。

「しらね」は、昭和50年度計画5200トン型ヘリコプター搭載護衛艦2403号艦として、石川島播磨重工業東京第1工場で1977年2月25日に起工し、1978年9月18日に進水、1980年3月17日に就役した後に護衛艦隊の直轄となる。
1981年9月18日に第1護衛隊群第51護衛隊に配属、1983年3月30日に第1護衛隊群の直轄、1984年3月30日に第1護衛隊群旗艦となる。
1982年、1988年、1998年にリムパックに参加。
2004年1月から2004年9月までの間、改造工事が施され、短SAM管制用射撃指揮装置はWM-25から国産の81式射撃指揮装置2型-12(FCS-2-12)に、発射機は国産のGMLS-3に換装され、合わせてミサイルはRIM-7Mとなった。 これらはいずれも2003年11月に除籍された護衛艦「きくづき」に搭載されていたものを移載したものである。
2008年3月26日、編制替えにより第1護衛隊群第1護衛隊に配属。
2009年3月18日、「DDH-181 ひゅうが」の就役にともない第3護衛隊群第3護衛隊に配属され舞鶴に転籍となった。
2012年5月23日、米ニューヨークで開催された米英戦争200周年記念行事に参加。その後、「DDG-175 みょうこう」、「MST-464 ぶんご」と共に久しぶりとなるリムパックに参加した。
現在の定係港は舞鶴である。
今後、22DDHの就航をもって退役予定である。

と言うことで平成26年末に退役予定だそうです

ちょっと後ろから見たところが下の写真です。

舞鶴7

舞鶴8

その後ろに控えるのが『あたご』と『みょうこう』になります。

あたごは海上自衛隊の護衛艦。あたご型護衛艦の1番艦。艦名は京都府の愛宕山に因む。艦名は部内応募により、旧海軍を代表する艦名として「ながと」および「ゆきかぜ」が候補に挙がったが、「ながと」は、時期尚早と判断され見送られた。ただし、悲劇的な最期を遂げた重巡洋艦「愛宕」と同名の「あたご」という艦名に反対意見も多く、当初から懸念する声もあった。

と紹介されてます。

陸側からも撮ってみましたがすごい迫力ですね!!

舞鶴9

舞鶴10

ちょこっと上から見えるところがありましたのでしばらく眺めてました。

舞鶴11

舞鶴12

一番後ろに位置するのは『みねゆき』になります。
その向こうはわかりませんでした。

『みねゆき』は、海上自衛隊の護衛艦。はつゆき型護衛艦の3番艦。
だそうです。

ところでこの基地は『舞鶴地方隊』と呼ばれ次のように紹介されてました。

舞鶴地方隊(まいづるちほうたい)は海上自衛隊の地方隊の一つ。主要部隊は京都府舞鶴市にある舞鶴基地に配備されている。日本海中部海域の沿岸防備を担う。
戦前は帝国海軍舞鶴鎮守府が置かれていたが、平時は戦艦は置かれず、ワシントン体勢時代には閉鎖されるなど、他の鎮守府に比べ運用上軽視されていた。現在では北朝鮮への工作船の活動などに備えるためミサイル艇の配備や特別警備隊なども順次配備され、島根県・山口県県境から秋田県・青森県県境までという広大な守備範囲を持つ、日本海側唯一の海上自衛隊の基地として増強が図られている。

とのことです。
今の日本海側は緊張状態にあると思うので、すごい緊張感の中で配置につかれていることと思いますが、日本海の防衛警備をよろしくお願いします。

舞鶴13
関連記事
スポンサーサイト



コメント:投稿

  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 管理者にだけ表示

こんばんは。

こんなにたくさん船があるんですね。
先日、昔の教え子が遊びに来ていて「今は舞鶴の海上自衛隊で働いている」と言っていました。
まさにここですね。
どの船で、どんな仕事をしているのか聞いておけば良かったと後悔しています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

先生さんへ

本当に色んな船があります。
メッチャでかくてすごく迫力ありますよ!!
先生の教え子がこんな船で働いていらっしゃるなんてすごいですね。
でも、先生がイクラ聞かれても仕事の内容とかは話していただけないのでしょうね!?

コメント読ませていただきました

私もお話を聞かせていただきたいのですが・・・
いつか機会があればと思います!!

トラックバック:

http://shizennjinn.blog.fc2.com/tb.php/319-a8bdd023