スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾新幹線700T╱川崎重工

川重1

1週間くらい前になりますが、川重の様子を見てきましたので紹介させていただきたいと思います。
お邪魔したのは平日の午後3時くらい・・・
晴れていて絶好のコンディションだと思っていたのですが、この時期は太陽の位置が低く日陰がたくさん出来てしまって、明暗の差が激しく写真を撮るのが難しいですね!!
かえって曇りの方が良いのかも!?と思います。

と言うことで、最初の写真は台湾新幹線・・・
やっと12棟に出てきました。
と言うことはもうすぐ甲種、船積みになるのかな!?


川重2

ちょっと角度を変えて撮ってみました。
ちょうど建物の陰が重なってしまいました。

そして真っ正面からです。

川重3

なぜかすぐ隣の車両も台湾の車両・・・
何か日本ではないみたいですね!?

川重4

川重5

平日は走行試験とかこのような車両の移動など、動きがあるので見ていて楽しいです。

北口に行ってみると、コキ107形が甲種待ちの様子です。

川重6

川重7

あとは工場のまわりをうろついて倉庫内の確認です。
105棟には700TとE5系が並んでました。

他には目新しい物は見当たらず・・・

川重8

他は、この日はいつもと違い平日だったのですべての出入口が開いていたことです。
上の写真は4番入口、下は5番出口になります。
この敷地は何を作っていらっしゃるのでしょうか!?

川重9
関連記事
スポンサーサイト
Author by 自然人2 / 全記事一覧 / 前の記事 / 次の記事 / ページtop
Designed by マンゴスチンw /

コメント:投稿

  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 管理者にだけ表示

自然人さんへ

台湾の新幹線、オレンジ色がカッコイイです(^^)
 
日本でも走っても違和感無さそうですね。
ただ、前回の時に書かれていましたが、運転士や車掌さん用の扉が無かったんでしたっけ…
乗客の乗降の際、ドアを閉める時に面倒くさそうですね。
 
ドアの辺まで客が乗ってたら、車掌さんも確認するのも大変そうです。
確認せずに挟んでしまったら、日本じゃ大問題ですよ(;´Д`)
 
 
ところで、台湾の車両は日本と同じ電圧で走るんでしょうか。
ヘッドライトが点灯しているようなので、ちょっと疑問に思いました。
工場だから、新幹線から在来線まで対応できるように変圧出来て、台湾用に電気を通しているんでしょうか?
 
 
牽引されている車両は、日本の新幹線ですよね。
なんて言いましたっけ…
max?詳しくは知りませんが…(^_^;)
 
台車は小さいようですが、移動用に仮設置されたものですか?
牽引している車両も見たことが無いです。
タイヤが軌道用に改装された特殊な牽引車?
 
素人な事ばかりで申し訳ありません(汗)
 
 
 
最後に…
何度か工場見学の記事を拝見しましたが、工場内は一般人が入って撮影してOKですか?
どなたかの許可を頂いているとか?
工場見学は好きなので、行ってみたいなって思います。
 
その際の参考に、良かったら教えて下さい(^^)

v-4中村主水さんへ

まず電気方式ですが、交流25,000V60Hzで同じみたいですね。
このあたりは統一規格があるかもしれませんね!?
そしてドアですが、台湾で使用する車両は日本と同じ車両を使いたくないのかもしれませんね!?少しでも新しくないと・・・
日本と台湾では安全性と利便性など考え方の違いがあるのかもしれません。
そのあたりは全然知りませんのでごめんなさい。

あと牽引されている車両は、特別の物ではなく普通のフォークリフトを改造した物だと思います。
軌道用の車輪ではなく普通のタイヤを使用されてますので・・・

質問に全部答えられてないと思いますがごめんなさい。

ところで私が撮影している場所は工場内ではなく、工場内を通っている一般道から写真を撮らせてもらってます。と言うか撮ってます。
と言うことで許可は特別取ってませんが、目の前にいらっしゃる警備員さんも何も言われませんし質問にも答えていただけてるので大丈夫だと思います。
気をつけているのは、絶対に邪魔はしないようにと(工場関係者と一般道使用者に)敷地との境界線が引かれているので絶対に踏み込まないように気をつけてます。

気が向いたら行ってみて下さいね。

トラックバック:

http://shizennjinn.blog.fc2.com/tb.php/273-f862bb9b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。