スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京ネタのラストは・・・╱浅草寺

浅草寺1

今回の東京ネタで最後に選んだのが「浅草寺」、すぐ横のホテル「スーパーホテル」に2泊していたので、毎朝6時過ぎにお参りに行ってました。
お参りしてからまわりをウロウロ・・・
早朝は涼しくて気持ちが良いですね!!
そしてなんと言っても人が少ない!!
日中なら見逃してしまいそうな物をたくさん発見できますよ。


浅草寺2

早朝だけでなく夜も行ってみましたが、夜はやはり人が多いですね!!
でも、ライトアップされた雷門が綺麗です。

浅草寺3

ところで「雷門」の正式名称は「風雷神門」だそうですね!?
今回初めて知りました。
ちなみにこの提灯の重さは約700㎏もあるそうです。

浅草寺4

ウィキペディアで雷門の歴史を調べてみました。

941年、安房国の太守であった平公雅が、武蔵国への配置転換を祈願。翌年、配置転換の願いが叶ったことから、新天地での天下泰平と五穀豊穣を祈願し伽藍などの寄進を行った。初代の雷門に相当する門は、その際に造られたとされる。
雷門の呼称は、江戸時代の川柳に初めて登場するが、それ以前のいつの段階から呼ばれるようになったかは不明である。知名度に関しては、雷門の名が書かれた提灯が1795年に初めて奉納されており、浮世絵の題材に用いられたことから、以降、日本各地へ浸透したものと考えられる。
山門はしばしば火災により消失しており、江戸時代だけでも2度も建て替えられている。最後の火災は1865年であり、以後、100年近く恒久的な建築物としての山門は姿を消す。
明治年間から太平洋戦争後にかけては、さまざまな形態の仮設の雷門が登場したと伝えられる。いずれも博覧会の開催や戦勝記念など、その時々のイベント的な要素が強く、素材は鉄骨やコンクリートなどの構造もあったほか、大きさもさまざまであった。1904年の日露戦争終結時には、凱旋門として雷門が建てられている。
1960年、松下電器産業(現パナソニック)の創設者、松下幸之助が病気だったころに浅草寺に拝んだ。そして、治ったためそのお礼として門及び大提灯を寄進し、現在の雷門が成立した。風神・雷神像は、江戸時代の頭部(火災により焼け残ったもの)に、明治時代に造られた胴体をつなげた物を引き続き使っている。

浅草寺6

風神

浅草寺7

雷神

雷門(風雷神門)
門の正面向かって右に「風神」、左に「雷神」を祀る。このことから「雷門(風雷神門)」と呼ばれる。ともに鬼面蓬髪、風袋を担いで天空を駆ける風神と、虎の皮の褌を締め連鼓を打つ雷神の姿は、おなじみのものである。また、門の裏側には、向かって右に「金龍」、左に「天龍」の龍神像が祀られ、これら四神は、浅草寺の御法善神として、伽藍守護・天下泰平・五穀豊穣の守り神とされる。

と紹介されてました。

浅草寺8

雷門をくぐると仲見世通り、早朝なのでシャッターが閉まり人通りもまばらですが、日中はすごい人・人・人・・・
身動きとれないくらいの人だかりです。

浅草寺9

仲見世通りの突き当たりに「宝蔵門(旧称仁王門)」があります。

宝蔵門は応永縁起によると、安房守平公雅が武蔵守に補任された天慶5年(942)その祈願成就御礼として建立された。
以来、数度の火災により炎上、その都度再建された。
そうです。

浅草寺10

「宝蔵門」をくぐると、左手に五重塔、左手には東京スカイツリーが現れます。
新旧の対決、皆さんはどちらが好きですか!?

浅草寺11

浅草寺12

そして正面には、本堂が見えます。

本堂(観音堂)
 昭和33年(1958)10月、全国ご信徒のお力添えにより再建された現本堂は、鉄筋コンクリート、本瓦葺であり、昭和20年(1945)3月10日に惜しくも戦災で焼失した旧本堂(国宝、3代将軍徳川家光建立)と同形態である。
 一見して感じる特徴は屋根の勾配が非常に急で、従って棟が他寺院と比較してすこぶる高く、相当遠方からでも望見できる。 お堂は南に面し、350坪の堂内は畳敷の内陣、コンクリート敷の外陣とに分けられており、内陣中央にはご本尊聖観世音菩薩を奉安する御宮殿(ごくうでん)がある。御宮殿内には、ご秘仏本尊聖観世音菩薩、慈覚大師作のお前立ご本尊(12月13日お開扉)の他、徳川家康、徳川家光、公遵法親王などの護持仏であった観音像が奉安されている。御宮殿の左右には梵天・帝釈天の二天がまつられ、またご本尊の脇侍(きょうじ・わきじ)としては内陣右奥に不動明王、左奥には愛染(あいぜん)明王がまつられている。

浅草寺HPより抜粋

最後の写真は本堂からの景色です。
早朝にもかかわらず、これから仕事に向かわれるらしい方々が拝礼されて司法に散らばって行かれます。
私も通勤途中にお寺があれば毎朝お参りしたいですね。

今回4日間の東京でしたが、久しぶりに堪能させていただきました。
初めて浅草に宿泊し、夜の浅草をプラプラ徘徊しましたが、すごく下町情緒豊かな街で大好きになりました。
今度はもう少し長期間来てみたいです。
今度はいつ来れるかな!?

浅草寺13
関連記事
スポンサーサイト
Author by 自然人2 / 全記事一覧 / 前の記事 / 次の記事 / ページtop
Designed by マンゴスチンw /

コメント:投稿

  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 管理者にだけ表示

早朝の仲見世商店街の方がなんだか気持ちが安らぐような気がします(^_^;)

v-4おばちゃんさんへ

早朝、開店前の仲見世はすごく気持ちが良かったです。
空気もピーンと張っていて、お寺に来たって感じですね!!
そして皆さんの〜んびりって感じでゆったりとしてました。

トラックバック:

http://shizennjinn.blog.fc2.com/tb.php/189-67708476
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。