スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田植え機を購入

田植え機1

昨年くらいからこれまで使っていた歩行型の田植え機が故障がちで、また私の膝も悲鳴をあげていたので中古ですが田植え機を購入することにしました。
農機具屋さんに頼んでいて見つけていただいた物がこちら、イセキの田植え機Piccoroです。
乗用の4条植えで少しだけ改造してもらいました。

大分年数は経っている機械だと思いますが、エンジンはいたって順調で、動かしてみた感じはまだまだバリバリに活躍しそうです!!
これで来春の田植えからは大分楽になるかな(^_^)


田植え機2

こちらがこの春まで使用していた歩行型の2条植え田植え機になります。
三菱のマイレディーですが、これも中古で購入してもう20年以上は使っていると思います。

さすがにこれでお別れとなるとちょっと寂しく思いますが、これまでたくさん働いてくれたので仕方がないですね。

私ん家の田んぼは四角ではなく、ひょうたんみたいな形をしているので、この田植え機が重宝してました。
これからは植えるときにこれまで以上に頭を使わないと上の腰とかが出てしまいそうです。

田植え機3

田植え機4

正面から見たところです。
販売はイセキですが、製造はクボタだそうです。
このような一番小さなタイプはクボタしか作ってないみたいですね!?

最新の物とは仕様が違うところも多いのですが、やはりそこは価格!!
田んぼも大きな田んぼではないのでこれで十分です(^_^)

後ろから見たところです。
ロータリー式ではなくクランク式の4条植えになります。
ロータリー式が欲しかったのですが諦めました。

田植え機5

田植え機6

こちらがハンドル近辺の操作部になります。
エンジンをかけるのはセルモーターではなく、リコイル・スタータ方式ですので、バッテリーの管理はなく軽量・・・
私にはちょうどいいです(^_^)

そして植え付けの操作部分です。
非常にシンプルな作りですね。

田植え機7

真ん中のレバーが4条を2条植えに帰るレーバーで、その下が苗の量を調整したり、植え付けの深さを調整するレーバーになります。
全て簡単に手が届く範囲にレイアウトされてます。

春まで植え付けのイメージトレーニングをして、あとは技術を磨くだけ・・・
春になるのが楽しみです(^_^)

田植え機8

皆様のクリックが励みになります。
よろしければポチッとお願いします。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村


家庭菜園 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
Author by 自然人2 / 全記事一覧 / 前の記事 / 次の記事 / ページtop
Designed by マンゴスチンw /

コメント:投稿

  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 管理者にだけ表示

やっぱりクボタ製でしたか

我が家のクボタと似てる思うてましたらやっぱりそうですか。
年式も同じ頃だと思います。違うといえばマーカーの形状、クボタのは先端にキャップが付いていて引き摺るだけなんです。付けた線上に車体中心を合わせ植え付けると見事に等間隔!具合が良いです。
ただ、リヤが重いので田んぼから出るスロープでウィリーしたことも(笑)
バックで出るわけにもいかず、降りて押しながら前進させる…ちょっと危険な方法が定着してしまった私です。。。
我が家のクボタ製は2年前から燃料らしきものが漏れ始めています。まだ10年は頑張ってもらうつもりですが、小回り抜群なので現役引退後は植え付け機を外して、溝切り機のブレードに付け替えてやろうかなどと画策しています。

春が楽しみですね!!

まてんろぉさんへ

そうなんですよね、純正のマーカーはオレンジのキャップなんですが、知り合いが絶対にローラーの方が良い!!と聞いていたので付け替えていただきました。

私ん家の田んぼも小さく変形した田んぼですので小回りのきく田植機が欲しかったので、まてんろぉさんのコメントは大変嬉しく思いました(^_^)
春が楽しみですですが、今からどのように植えるか試行錯誤繰り返してます。
現役引退後は溝切り機とは良いかもしれませんね!?
また教えてくださいね(^_^)

トラックバック:

http://shizennjinn.blog.fc2.com/tb.php/1106-4c74fbdc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。